グルメ

ランチも接待にも使えるおすすめ店│梅の花@バンコク・トンロー13

何年か前に梅の花がバンコクに出来ると聞いて驚いたものです。

日本では、ちょっと落ち着いた雰囲気で和食を食べたいときや親の誕生日とか親族で食事するときに利用してました。

雰囲気や味も日本と変わらず、クオリティの高い料理がタイ・バンコクでも味わえます。

梅の花とは?

日本で280店舗以上を展開する湯葉と豆腐の懐石料理のレストランです。

開業は平成2年で社長のお名前が梅野重俊さんと言います。

社長の名前から社名が来てるんですね。

セントラルキッチンを持っているので安定した味が提供出来るていると考えます。

場所・アクセス


スクンビット55(トンロー)のソイ13にある日本村にあります。

3階建てビルの最上階、エレベーターで行きましょう。

価格帯

  • ランチメニューは500〜700バーツ程
  • ディナーメニューは1000バーツ程

となってます。

税・サービス料は別です。

税7%+サービス料10%、つまり料理に17%プラスが料金となります。

結構いいお値段なので先ずはランチがおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめランチセット

梅の花ランチ:650バーツ

選べる4つのメインディッシュの中から握り寿司を選ぶと850バーツになります。

↑実物

蟹ちらし寿司は1日5食限定と書いてありますがいつもあります。笑

嶺丘豆腐は超クリーミー

茶碗蒸しはほのかに柚子が効いていて美味しい。

豆腐しゅうまいはヘルシーで美味しい

これこれ、生麩と湯葉揚げ

生麩はモチモチ、湯葉揚げはレモンを搾ってさっぱりジューシーです。

梅の花と言えばこの2つは外せないです。

麻婆あんかけ、白ご飯が食べたくなります。

メインディッシュの蟹ちらし寿司。

いくらも乗って美味です。

ばら寿司もマグロや光り物が乗っていて美味しかったです。

お子様ランチ250バーツ

ちゃんと湯葉揚げと豆腐しゅうまい、そして和風ドリアが付いています。

個室

4人〜個室があります。

ふすまで仕切られてるのでもっと大人数でも空き次第でオーダー出来ます。

混み具合

混んでます。

昼時は大体が個室は満室です。

事前に行く予定が決まっていれば予約しておきましょう。

大広間のテーブル席でも満席の可能性が高いので行く前には予約を入れてから行きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

個室もあって、子連れランチも接待にも大活躍間違いなしの梅の花。

いつも清潔感ありますし、日本人スタッフさんもとても愛想が良い。

ちょっと高いですが、サービスと味相応だと思います。

普通のバンコク日本食に飽きてきたら【湯葉と豆腐の梅の花】に行ってみては?

電話:082-993-1193 日本語OK

営業時間:11~15時・18~23時

予算:ランチ600THB・ディナー1500THB