投資

初めての株取引におすすめネット証券!楽天証券口座も開いてみた

銀行にお金を預けていてもほとんど利息の付かない時代に、少しでも資産運用したいですよね。

周りでも株や証券の売買を始めている方が増えてきています。

でも、銀行窓口まで行って口座を開いてっていうのは少し面倒ですし、腰が重いです。

今回、ネット証券の口座は簡単に開けるというので、どれくらい簡単に開けるのか、実際に楽天証券の口座を開いてみました。

先ずは楽天会員になろう

これがないと始まりません。先ずは会員になってログインです。

楽天カード新規入会キャンペーン ※今なら5000円分のポイントがもらえるそうです。

《楽天銀行口座開設の記事》でも書きましたが楽天プレミアムカードが得点満載です。

申し込みフォームへ

楽天証券のホームページに行きます。

右の方に、オレンジ色で「口座開設」というボタンがありますのでクリック。

そして楽天会員としてログインすると、名前などの入力があります。

実際、名前や住所は楽天会員登録時に登録したものが入っていますので、

以下の項目の選択だけです。

  1. 納税方法
  2. NISA申し込み
  3. 楽天銀行申し込み
  4. 確定拠出年金申し込み
  5. 楽天FX口座申し込み
  6. 信用取引口座申し込み

納税方法は自分で確定申告などをしてみたい人以外は、面倒なので源泉徴収で良いと思います。

NISAも自分で株式を運用してみたいひとは普通のNISA、お任せで運用してもらいたい人はつみたてNISAという感じです。

楽天銀行口座は同時申し込みが便利です。

楽天ポイントのキャンペーンなどもありますしね。

その他は、少し株式の運用を進めてからでも申し込みは遅くないと思います。

申し込みはこんな感じです。

申し込みが完了すると、「総合口座開設の申し込みを受け付けました」というメールが届きます。

本人確認書類

こちらも楽天銀行口座開設時と同様で、アプリを使って、現住所と同じ免許での提出が超簡単です。

大体、楽天銀行口座開設と同じです。

これも完了すると、「総合取引口座開設の書類を受領しました」とメールが届きます。

審査手続きが開始されますのでしばらくお待ちください。とのことです。

何日後に口座開設が完了するのか?

それから5日後、メールで「総合取引口座の開設が完了致しました」と連絡がありました。

私の場合は5日でしたが、1週間前後はかかるようです。

内容としては、開設の手続きが完了しましたので、簡易書留でログインIDとパスワードを送ります。とのことです。

ログインIDとパスワードは何日後に届くか?

2日後に連絡通り、簡易書留で届きました。

内容は以下の通りです。

  • 部店コード
  • お客様コード
  • ログインID
  • 初期ログインパスワード

が記載されています。

楽天証券ウェブページからログインしてみる

簡易書留記載のIDとパスワードでログインします。

パスワード変更や取引時の4桁の暗証番号を決めます。

上場企業にお勤めの方はインサイダー取引対策で企業名など入れる必要があります。

最後に、マイナンバー登録が必要です。

2016年1月以降新規申請の場合は、マイナンバー登録が義務付けられています。

この申請も本人確認書類同様にスマホで申請が一番簡単ですね。

郵送ですと1週間程度の時間が必要ですが、スマホならその場で登録されますね。

以上、とっても簡単に口座開設が可能でした。

まとめ

【必要なもの・こと】

  • 楽天会員であること ※銀行口座のときもそうですが、これは必須です。
  • 免許
  • スマホ
  • マイナンバー

【発行にかかる期間】

9日間

楽天銀行口座のときは11日間でしたので、さらに早いですね。

数回メールが送られてきてますが、楽天証券の方が全体的に早い印象です。

どちらにしても、1.5週間はかかるということです。

作るのは簡単ですが、期間は多少余裕をもって申請しましょう。

株取引、簡単に始められますね。

↓宜しければシェアお願いします。