ライフスタイル

インプラント歯科医院選び 費用と治療の選択肢@バンコク【インプラント治療体験記】

あまり知られてないかも知れませんが

タイは歯科医療技術が進んでいるとされています。

特に審美歯科の分野では諸外国からツアーが組まれるほどです。

そんなタイでインプラント治療を受ける事になった体験です。

しかも連続2本!

自分も治療が終わるまでは正直不安と恐怖でいっぱいでした。

コレからインプラント治療を進める方の参考になればと思いリアルな体験を書きたいと思います。

まさに身を削った?歯を削った?体験でした。

実際は歯が折れたんですが・・・

前歯が折れた

2017年8月果物にかじりついた時に前歯がズレる様な違和感があり、あ!やってしまったと思いました。

実は私、前歯が昔から差し歯で、オリジナルの歯があまり残っていない状態にギリギリ差し歯をつけている状態でした。

長年使ってきた差し歯だけに油断していました。

まさか果物で折れてしまうとは。

皆さんも差し歯は大切に。

コレが全ての元凶。

インプラント治療の始まりです。

歯医者探し

バンコクには歯医者が沢山ありますが

正直危なそうな所も沢山あります。

やはり言葉の問題もありますので

日本語か英語は最低通じる歯科医を探します。

バンコクには日本人が80000人もいるので

日本語オッケーな歯医者も沢山ありました。

その中で4軒の歯医者さんをまわって比較しました。

  • WISE dental clinic   75,000THB位
  • 富士JDC              80,000THB位
  • Pacific dental clinic    85,000THB位
  • Dental hospital     110,000THB位

日本では大体40万円~と言われていますので・・・そんなに変わりませんね。

若干安いくらいです。

富士JDC

スクンビット31、フジスーパー2号店の上、シティリゾート39の3階にあります。

受付に日本人の方が居て通訳してくれますので言葉の面は安心です。

友人が治療で入れた詰物が何度も取れたと言う話で私は選択肢から外しましたが、場所柄、日本人患者さんはかなりの数通っています。

WISE dental clinic

トンローにある新しいクリニックです。

設備も新しそうで先生も信頼できそうでしたが、日本人通訳さんの通訳が適当過ぎて恐ろしいです。

ご自身の語学力に自信のある方はどうぞ。

Pacific dental care

スクンビット31、フジスーパー2号店向かいのクリニックです。

衛生的で先生も感じが良く、受付通訳さんもちゃんと対応してくれます。

子供を遊ばせておけるスペースもあってお子さん連れにはとても良いです。

Dental hospital

スクンビット49、サミディベート病院斜め向かいのクリニックです。

5階建てで全てが歯科医院という大歯科病院です。

※2018年3月に上記地図プラカノンのハビトモールという施設に移転しています。更にゴージャスな歯科医院になってます。儲かるんですねタイの歯医者は。。。

日本人歯科衛生士さんが常駐しており、言葉の問題はありません。

さて、上記の通りPacific dental clinicとDental hospitalのどちらかで悩んだわけですがやはり最後は身近な人の口コミでした。

友人がDental hospitalに通っており設備も先生も歯科衛生士さんも良い感じだという話からDental hospitalに決めました。

値段的にはかなり差がありましたがもう前歯が痛かったので悩んでる時間はありませんでした。歯が痛いと何もやる気が起こりません。

初通院

先ずは電話で日本人歯科衛生士さんに連絡しました。

結構電話したんですが電話に出ません。

その日は結局繋がりませんでした。

しかしながら翌日はちゃんと繋がりました。

お休みの日だった様です。1人で日本人を全員引き受けるのは確かに大変です。バンコクには8万人も日本人がいますからね。

それはさておき初通院の日時を決めていざ当日です。

タイの歯医者さんは分野別に専門医化しています。

日本の歯医者さんみたいに院長先生がなんでもやるみたいな感じでは無いです。

ですので、一人一人が専門医でエキスパートです。多分。

先ずは検診の先生に見てもらいます。

まぁ当たり前ですがレントゲンを撮って差し歯のベースが折れてますとの事。

これ以上ベースのオリジナルの歯に土台を作って、また差し歯を入れてもどれくらい維持出来るか分からないと言われました。

実は選択肢が3つあった

  1. 入れ歯
  2. 両サイドの歯を削ってブリッジ
  3. インプラント

入れ歯

1番リーズナブルです。10,000バーツ以下で出来ます。

人前に出る時だけ装着して、寝る時とかは外して洗っておくタイプです。

ハイ。そうです。

ポリデントです。

まだ自称若い私には選べませんでした。

子供たちに入れ歯パパと言われたく無い一心で…

いや、そもそも着けたり外したり死ぬまでやると考えると無理です。

安くても面倒過ぎます。

両サイドの歯を削ってブリッジ

イメージが湧きませんでしたが

要は、折れた歯の両脇の健康な歯を細く削って

その両脇の歯も含めて3本が一体となった差し歯をガツッと入れる事です。

コレもインプラントの半額位で60,000バーツ位で出来るのですが

抵抗ありますよね?

だって、自分の健康な歯を日本も削るなんて。

弱虫な私には選べませんでした。

インプラント

こうなると最早インプラントしか無かったんです。

インプラントは抜けた(抜いた)歯の部分に人口の歯を入れる手術です。

あ、前歯抜いて歯無しで生きるというのもありますね。

私はそんなメンタル強くないので毎日がコメディみたいな状態では過ごせません。

という流れでインプラントを選びました。

まとめ

  • バンコクのインプラント治療は安くない。100,000バーツ前後はする。
  • 歯科医院選びは日本人常駐の所が良い。やはり手術なので言葉は完璧に伝えたい伝わりたい。
  • インプラント以外にも選択肢はある。費用と長期的な使用をイメージして選びたい。

ちなみに、格闘技で奥歯が折れて抜いちゃった友人は「奥歯なんで目立たないし」と言ってそのまま放置です。

そういう考え方もあります。

でも、長いですからね人生。インプラントって50年とか平気でもつんですよ。

人生100年時代ですからインプラント付けて長生きしたいものです。