読書

ビジネス本選びに悩んだ時に試したい3つの方法

皆様、読書してますでしょうか?

この記事は、読書好きの僕が本を選ぶ時に参考にしている方法を紹介しています。

本を読みたいけど、みんなどんな方法で本を探してるんだ?と悩んでる方の参考になれば幸いです。

読書家の友達のおすすめを聞く

周りにこいついつも本読んでるな?という友達はいませんかね。

僕の周りには数名いまして、その人達は常に面白い本を探しています。

当然本人達もおすすめ本が沢山あって、誰かに伝えたい気持ちが強いです。

そういう僕も、若干活字中毒気味で、年間100〜150冊くらいは本を読みます。

ホントの読書家の人達の足元にも及びませんが…

周りに読書好きな友人がいれば先ずはどんな本がおすすめか聞いてみるときっと喜んで教えてくれますよ。

ミドルマネジメント以上の方の方が質の高いビジネス本を読んでいる傾向がありますので、若い方は会社の上司や先輩に聞いてみるのも良いですね。

僕の友人の読書家達はみんなCクラスつまり経営陣の方達ばかりです。

よくそんな色んなジャンルの本が出てくるなぁといつも感心しては、メモして買ってます。

好きな有名人や経営者の本を調べる

ビジネス本と言えば経営者ですよね。

有名な経営者は遥か昔から沢山存在します。

海外で言えば、ウォルマートの創業者であるサム・ウォルトンやアップルのスティーブ・ジョブズ、マイクロソフトのビル・ゲイツなどなど誰でも知っている大物がいます。

日本にもユニクロの柳井正、日本電産の永守重信、ソフトバンクの孫正義、古いところだと日本マクドナルド創業者の藤田田などなどこちらも有名な方ばかりです。

やはり成功している方達から学ぶ事は多いです。

特に皆さん、非常に苦労されながら成功しているので失敗談も多く、そちらも勉強になりますね。

経営者自身が書いた書籍も勿論ありますが、経営者についてジャーナリストが書いた本も面白いものが多いです。

経営者の方達がバイブルとして薦めている書籍も良書が多いです。

先ずは有名な経営者の名前でAmazon検索して下さい。

選んだ本や雑誌で紹介や参照されていてる本を調べる

よく見ていると雑誌や新聞にはおすすめの書籍が沢山載っています。

簡単なレビューなども載っている事が多いので気になったらAmazonで更に詳しくレビューを調べたり、書評ブログを見たりして検討しましょう。

1冊本が選べて、その本を読んで、その本が気に入ったら、その本が参照に使っている他の書籍の情報がどんどん入ってきます。

僕は1冊の本から必ず何冊かは気になる参考書籍が見つかる事が多く、その度にAmazonで欲しいモノリストに入れておいてます。

まとめ

1冊お気に入りの本が見つかると、その本からどんどん芋づる式に本が見つかります。

普段購読している雑誌とかにもおすすめ書籍は載ってますから、それを参考に買う事も多いです。

そして、沢山本を読み出すと、沢山本を読む友達も増えてくるという不思議なスパイラルに入ります。

ここまでくれば最早本を選ぶのに悩む次元は超えて、今度は本を薦める側になっている事でしょう!