タイ

バンコクからチャーン島までにかかる時間と行き方│タイ・チャーン島旅行

タイ南東の島、チャーン島に行ってきました。

飛行機でも行けるんですが、今回は陸路で向かいます。

どれくらいのタイムラインか書いておきます。

チャーン島とは?

チャーンとは日本語で象という意味です。

チャーンビアなら聞いた事があると思います。

チャーン島はその名の通り象島です。

バンコク南東、カンボジア国境近くでタイで2番目に大きい島です。

因みに1番大きい島はご存知プーケット島です。

プーケット島があまりにも有名なのでチャーン島はどちらかと言うとローカル色の強い観光地となってます。

所要時間(タイムライン)

7時自宅初

プロンポンエリアからパタヤ方面に向かいます。

8時最初の休憩

ドイチャンコーヒーでカフェを買ってまた出発。

このサービスエリアでなんでドイチャンコーヒーに寄るかと言うと、ズバリ、トイレがキレイ。

結構不衛生なトイレが多い中で、ドイチャンコーヒーのトイレは清潔そのもの。

コーヒー買うついでにトイレ休憩です。

12時半昼食レストラン到着

フェリー乗り場から15分くらいの距離のレストランで昼食を取りました。

味は結構美味しかったです。

14時フェリー乗り場到着

チケットを買って車ごと列に並びます。

14時半フェリー出発

15時20分チャーン島到着

そのままホテルまで車ごと降りて移動です。

スポンサーリンク

まとめ

朝7時に出発して、チャーン島到着は15時半でした。

途中に昼食や休憩も挟んでますが、約8時間の長旅です。

しかしながら、山や川や海と景色がどんどん変わるので比較的飽きない移動でした。

帰りは疲れてだいたい爆睡ですから関係ないですしね。